2019.12.15 活動 泉原地区

間伐対象の林分になっているが、木の成長が穏やかなこの時期に枯れ枝を中心に枝打ちを実施する。高枝鋸を使って樹高の4割の高さまで枝を打つ。

植林されてから初めての枝打ちとなる若いヒノキ。
腰から下の枝打ちは楽です。

きれいに刈り取りました。
大きく育ってほしいものです。

木肌に傷を付けないように丁寧に鋸を当てる。モニタリングの区域も充分に実施する。

刈り取った枝を整理。

上を向いての作業は首が痛くなり、長時間の活動は大変です。